Page: 1/142   >>
働き方改革よりも仕事改革を

 ニュースで知ったのですが、働き方改革を進めて行く過程で残業削減を図った結果、社員の収入が減りローンの支払いに窮している人が増加しているそうです。残業を減らせば残業代を当てにしている人が困るのは当然です。

 

 ある企業は一定の時間になると会社の電気を止めてしまい、会社で仕事ができないようにしているそうです。また家に帰ってもサーバーにアクセスをできないようにして、会社で一定の時間内の仕事だけで済ますように強要しているようなのです。

 

 いつも日本の改革のやり方は中途半端です。もともと残業代を当てにして仕事をしている人に残業をしないようにしようとプッシュしても喜んでやるはずがないのです。それならばと強制的に電気を消して仕事ができないようにする。

 

 このような動きをするとさすが企業のトップはやる気があると評価されるようですが、本当にそうなのでしょうか。時間内で仕事が終わるように仕事の仕方そのものを変えて行かないと短時間で終わることは不可能です。

 

 それに収入問題です。ローンを払い家族が幸せになるために皆さんは一生懸命働いているのです。残業を減らすために仕事の仕方を改革し、短い時間で仕事の成果が出るのであれば、社員にその分の利益を還元すべきです。

 

 利益の還元が無いのに残業を減らし、今までもらっていた残業代を放棄するだけであることが働き方改革なのでしょうか。成果を上げたうえでの収入の保証がないのに誰も仕事の仕方改革を真剣にやろうとしないはずです。短い時間で一生懸命働き、残業もせずに今までと同じような効率で稼ぎ、利益を上げることができたのならその分の利益は社員に還元すべきです。そうすれば多くの社員は喜んで仕事の改革に取り組むのではないでしょうか。

 

 多くの社員が幸せになることを願います。

| srzw3ws | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CL研究会の開催

 第29回CL研究会を飯田橋の会議室で行います。時間は午後1時から4時までです。今回は日程が決まるのが遅く、多くの方にご迷惑をおかけしましたが、予想以上に集まってくださる予定で感謝しております。

 

 CL研究会は人事や総務担当者を対象に行っています。今回は「仕事に振り回される生き方を問い直す」について意見交換をしたいと思います。偶々ハーバードビジネスレビューでも特集していたのですが、自分自身でもこのことを実感する体験をしました。

 

 この5月の連休のことです。10日間の連休があったのですが、1日だけ娘と買い物にドライブがてら行ったきりでした。後は研修のテキスト作りを9日間やっていました。この間、毎日走っていたのでジョギング面では目標を達成しそれなりの距離をこなすことができました。

 

 しかし、後の時間は全てテキスト作りに注ぎました。その仕事は1日だけの研修でした。しかし、新しい分野で非常に興味があったので引き受けたのですが、こんなに時間がとられるとは思いませんでした。

 

 それなりに評価を得たのですが、今回非常にむなしさを感じました。家族との交流や時間を過ごすことを犠牲にするほどのことがあったのだろうか? 自分の興味のままに仕事をしたのですが、あまりにも時間がかかりすぎたのではなかったか等今回は何故かむなしさが大きかったのです。

 

 人は努力が大切です。そして新たなことへのチャレンジも必要です。今回取り組んだ課題はそれに相当するほどのものだったろうか等珍しく自分の行動に疑問がわいてきたのです。

 

 ただチャレンジすることが自分の本望なのか?もっと自分の価値観を大切にすべきなのではないか等振り返ると達成感よりも自分の行動への疑問が湧き起こってきたのです。

 

 年を取ってくると自分の限界も見えてきます。もっと時間を買うような姿勢も大事だなと思います。つまりその仕事をせずに自分の時間を大切にした方が、もっと豊かさを実感できるのではないかと言う事です。皆さんと議論してみたいなと思います。

 

| srzw3ws | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
U18野球ワールドカップでの台湾優勝

 U18野球ワールドカップで日本は5位だった。あんなに期待されていたのに残念でした。いろいろと理由はあると思いますが勝つために継続的な指導をする人がいないことも一つの原因だと思う。

 

 びっくりしたのは選手を選ぶ人たちが高校野球連盟の人たちがやっており、監督は与えられた選手を使って戦うだけだそうだ。こんなことってあるだろうかと思う。また監督もどんな人がやるのかもよく分からない。

 

 戦うリーダーの戦術に会う人を選ぶのが当たり前だと思うが、これでは負けるはずだと思った。台湾が優勝した理由は木製バットを使用したからだと台湾の監督が言っている。

 

 台湾の監督は日本は甲子園の戦いがあってすぐに金属バットから木製バットに切り替えて戦っている。可哀そうだと言っていたようだ。いつも思うのだが何故金属バットを使う必要があるのだろう。

 

 以前は木製バットは折れるから経済的に有利といわれた。今の日本で木製の高いバットが買えないから金属バットを使うという理由はないと思う。多分利権があるのではないかと思う。ある程度売れているのでその利益を企業が守りたいのではないかと思ってしまう。違うのなら直ぐに反論を聞きたいものです。

 

 日本は独自の野球が発展している。ボールも世界基準と違う。だから大リーグに行った投手は、大谷投手も含め殆どの投手が慣れるのに時間がかかり、殆どの投手が肘や肩を壊している。これもメーカを守るためにやっているのではないかと思う。

 

 世界と戦う時に使っているボールやバットが違うのは致命的な問題だと思う。これはアマチュアボクシング連盟の元会長が自分の考えを押し通し、プロとの交流を排除したり、自分たちの利権を守っていたのと全く同じ構図ではないかと思う。

 

 あれだけ頑張った高校球児が慣れない木製バットで奮闘する姿を見ると可哀そうに思えます。世界で勝つことを意識して多くのスポーツをつかさどる人たちは考えを変えて欲しいなと思います。

| srzw3ws | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バスケットW杯アメリカ戦を見て

 ここまで力の差があるのかと思う戦いだった。ともかく日本チームはシュートが入らない。バスケットは攻守が変わり点が入ると入れられたチームが攻撃に転じる。

 

 この繰り返しを行っているが、アメリカは得点して日本チームの攻撃に移る。そして日本チームはシュートして入らず、かつリバウンドを取られアメリカチームの攻撃に変わる。

 

 この繰り返しが続き、気が付いてみるとアメリカが日本の倍以上の得点を重ねていた。ともかくアメリカチームは守備が良い。日本チームは無理してシュートをし、入らずに長身のアメリカチームにリバウンドを取られる。

 

 見ていて悲しいほど力の差がある。余りにも強いチームなので親善試合もやったこともなかったと思う。しかし、八村選手たちの活躍でやっと出場できたW杯。これからどうなるのだろうか。

 

 今の監督はアルゼンチンの方だそうだ。アルゼンチンは日本人と同じぐらいの身長だが長期的視点で国を挙げて高身長の選手を探し、鍛え上げて強国になったという。その手腕を買ってアルゼンチンの監督に指導を任せたとのこと。

 

 きっとまだまだ時間がかかるのだろう。しかし、八村選手も2メートル4センチ、渡辺選手も2メートル6センチと高身長の選手がそろってきた。その選手たちが機敏に日本の低身長で動きの良い人たちと同じように動くようになっている。

 

 ラグビーの南アフリカ戦も日本は善戦をしたらしいが点数的には7:41と大敗した。やはり体力勝負の戦いは難しいなと思う。ラグビーもバスケも相手がフィジカル面を前面に出してくると今の日本が勝つことが難しいなと感じた。

 

 でも昔に比べるとすごい進歩だと思う。ラグビーもトップ5とやると圧倒的な差があるが10位以降の国と戦うと遜色がない。他の国とは善戦をしていた。あと少しで日本も強国になれるのではないかと思う。

 

| srzw3ws | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホテル住まいの連続

 今週日曜日からずっとホテルに泊まっております。最初は2泊、そして連日違うホテルに移動して宿泊しております。いつも泊まっているところは安心して走ることができますが、初めての場所は走り始めると迷いそうで不安です。

 

 このところ5時半ごろ起きて8キロぐらい走るのが継続しています。そうすると食事も安心してゆっくりと食べれるのです。ぎりぎりですと食事が来る前にレストランを後にするようになってしまいます。

 

 本当は10キロぐらい走りたいのですが、無理して走って朝食を食べれないと身体を悪くしてしまうような気がします。知らない土地を走っていて一番嫌なことは信号で待つことです。待ち時間が多いと何時ホテルに着くか分からなくなるからです。

 

 今はまっているのは、ある一定の地区を周回することです。駒込に泊まった時は、駅前の六義園を周回するコースです。1周約1.2キロぐらいあります。散歩をしている人も多く裏側は車も少ないので散歩をしている方を追い抜くのも楽です。

 

 くるくると回っていると本当に多くの人と会います。私の様に本格的に走っている人もいれば、軽くゆっくりと景色も楽しみながら走っている方もいます。

 

 このコースは気に入っており、後半になると結構スピードも出ます。5分台の前半でも走ることが出来ていました。都会地は交通量も多いし全力で走るのは難しいのです。

 

 でも何とか8キロは維持できています。日曜日には雨が降らなければ15キロ以上走って不足分を補いたいと思いますが台風が来そうです。今週から来週にかけては無理かもしれません。

 

 でも何とか8キロを堅持できているので走れることに感謝しなければなりませんね。明日は晴れて欲しいなと思います。10キロ走りたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| srzw3ws | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
勝てると思ったら負ける

 今日の柔道世界選手権を見ていて思ったのは、相手に指導が2つついてあと一つ指導が入ると勝てる状況になった途端、優位に進めていた戦いが守りに入り、負けてしまう日本選手の弱さだった。もしかするとどの国の選手にも通じるのかもしれない。

 

 1回戦で負けた男子81キロ級の藤原選手も相手に指導が二つ入ったところであと9秒で負けてしまった。油断のようだ。これも油断だと思う。女子の田代選手はずっと見ていたが延長戦に入り10分以上も戦ったところで相手に指導が2つ入り、もう一つ指導が入ると相手の負けといった矢先にポイントをとられてしまった。

 

 男子の阿部選手と一緒で良い戦いをしているが、最後の技が決まらない状況がずっと続いていた。絶対女王と言われるフランスの選手も決め手を欠いていたが、指導をとられたら負けとなった途端積極的に技をかけだし逆に田代選手は消極的になったような気がした。

 

 日本のお家芸の柔道だが、圧倒的に強い選手もいれば、根性で負けない柔道をする選手もいる。戦いを見ているとやはり精神力がものを言うようだ。男子の阿部選手は精神力もすごかったが、丸山選手の切れ味鋭い技には対抗できなかった。

 

 柔道は見ていて本当に面白い、以前あったかけ逃げも少なくなったと思う。しかし、切り返しを狙う選手は多いようだ。自分から技をかけずに相手がかけてきたときに返し技を狙う選手が外国人には多いような気がする。

 

 これも戦い方だと思うが、自分からも技をかけていかないと卑怯だと思ってしまう。こんな思いで見るのも楽しみの一つかもしれない。

 

 ともかく井上監督の指導の成果を見てみたいと思う。暫く楽しみが続く。

| srzw3ws | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
丸山 城志郎さんは素晴らしい

 現在、柔道世界選手権が開催されている。昨日は、男子66キロ級で丸山城志郎選手が金メダルをとった。マスコミは阿部兄弟を取り上げ阿部一二三選手は原罪世界選手権2連覇をしている。

 

 丸山選手は阿部選手の陰に隠れてあまり名前は知られていなかったが、技のキレ味は日本刀と言われており、厳しい柔道で頭角を現しており、最近は阿部選手に2連勝しているという。

 

 準決勝で阿部選手が負けたとの情報がある中で阿部選手の3位決定戦を見た。イタリアの選手に執念で勝利したが、丸山選手に負けたことがショックでインタビュー時も泣いていた。

 

 その後丸山選手と韓国の選手との決勝戦を見たが、丸山選手の技のキレ味がすごくて韓国選手を圧倒していた。当初から技が決まるが、相手が1回転してしまい、背中を畳につけることが出来ずに時間だけが経っていたが、最後に見事に1本を決めて圧倒的な勝利をものにした。

 

 安倍選手の執念はすごいが、丸山選手の自分の柔道に拘った戦い方は素晴らしいと思いました。阿部選手の妹の詩さんも金メダルを取っており、素晴らしい兄妹だがお兄さんの方は相当鍛錬しないと丸山選手に勝つことは難しいと感じた。

 

 しかし、丸山選手が試合中に怪我をしてしまうほど、阿部選手の執念に素晴らしいものがあり、阿部選手合っての丸山選手だと感じた。執念と練習があってこそ勝利があるのだなと感じた。

 

 スポーツは見ていても本当に勉強になる。ボルダリングは新しいスポーツだが、私は大好きでテレビ中継をよく見る。家族はどこがおもしろいのとあきれているが、難しいルートを必死にくいついていく姿には感動する。

 

 東京オリンピックでは、どちらも頑張って欲しいなと思う。

| srzw3ws | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分で決める限界

 最近ジョギングをしていて調子が良いと思うことが多いのですが、以前は調子が悪くなるとこれが年齢からくる限界だ、無理をしてはいけないといつも思ってました。練習を終えると疲労がたまり、あちこちが痛くなりました。

 

 でも最近はあちこちが痛くなることが少なくなりました。なぜかなと思うとストレッチを強化し、柔軟体操を入念にするようになったのからです。するとハムストリングスや臀筋の恒常的な痛みが取れてきたのです。

 

 いつも宇佐美教室で無理をすると疲労が残っている感じがしていたのですが、その疲労感が無くなってきました。ストレッチを怠り勝手に疲労が抜けない等年のせいにしていたのです。

 

 イチロー選手がストレッチを入念に行うことは有名です。また彼が40過ぎまでずっと現役を続けていたことも誰もが知っていますが、やはりスポーツはストレッチが一番大事だと思います。

 

 身体を鍛えて筋肉隆々になっても体が硬いと怪我が多く意外に長続きしません。プロ野球の選手で筋肉をつけてプロレスラーのような体になっても成績は今一つだった選手が多いのも気になっていました。

 

 見かけは良いのですが、やはりスポーツは柔軟性が一番大切なんだなと思います。でもこの柔軟性を維持するのが大変なのです。この柔軟性の維持が難しくなった時こそ真の年齢の壁かもしれません。

| srzw3ws | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日のトレーニング

 今日は久しぶりに宇佐美コーチのトレーニングを受けた。このところ坂の上り方降り方を学んでいる。歩幅を小さくし惰性で登り、下りは歩幅を小さくして流れを止めずに降りていく、この繰り返しを学んでいる。

 

 今日は蒸し暑く気温はそんなに高くないのだが湿度は100%に近いのではないかと思うほどであった。ある程度8月は練習が出来ていたので今日の練習も負担には感じなかった。

 

 いつもの1キロのコースに加えてコースを少し外れた坂道があり、そこを上って降りるコースを付け加えて走ることになった。1周が1.4キロぐらいになるのかなという感じだ。

 

 その上り下りを加えて何とか1キロ4分50秒ぐらいで走ることが出来た。右回りと左回りを入れて都合6周走ることになった。終わった時にGPSを見るとなんと10.9キロ走っていた。

 

 多分宇佐美コーチの指導の中で一番多い距離だ。ちょっと達成感があった。いつもは大概8キロから9キロぐらいだと思う。今日は充実しているなと感じた。

 

 フォームが非常に良くなっていると褒められたが自分では分からない。ただいつも言われていることを意識して、肩の力を抜いたり、腕の振りを意識してきれいにしようとしたりしているだけだが、その意識が良いのかもしれない。

 

 終わって帰る時、Tシャツはびっしょり濡れていた。こんなに暑い中を走ったが、記録は良く殆ど4分台で走ることが出来ていた。でもまだまだ4分30秒で走る力はなさそうな感じがする。頑張ろう。

| srzw3ws | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
出張中のジョギング

 この2日間は君津市に滞在していました。朝はホテルを7時50分過ぎには出なければなりません。すると逆算して7時前にはジョギングを終了しなければならないので、朝5時半ごろ起きて準備をします。

 

 それでも走る時間は約50分弱です。するとどうしても8キロぐらいしか走れません。初めての土地では土地勘が無いので迷子が怖いのです。どうしても幹線道路を真っ直ぐに走り、また戻るコースになってしまいます。

 

 すると必ず信号にぶつかります、そのたびに右側に曲がり信号が変わるころに戻ってくるようになります。そのように走っているとどうしても距離が曖昧になってしまいます。例えば4キロ走り、戻ってもきちんと8キロにはならないのです。

 

 こんな風にしていつも走っていますが、それなりに楽しみもあります。コンビニを見つけたり、川沿いが散歩コースになっている川を見つけることもあります。するとそこまでの距離を確認し1キロぐらい走って戻ってきりします。

 

 昨日はラジオ体操を行っている集団を見つけました。子供たちより大人が多い感じでした。シニアも結構多いのです。昔楽しんだラジオ体操をやってみようと思ったのだと思います。孫と一緒に参加しているのでしょう。

 

 私はまだ孫がいませんので孫が出来るときっと同じように参加するのかなと思ったりもします。子供たちよりも大人の方が楽しんでいるようです。

 

 知らない土地を走るのはいろいろな発見があって楽しいものです。

| srzw3ws | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode