Page: 1/128   >>
物忘れ

 今日の朝は5時に起きました。7時15分に家を出たいのでこの時間に起きたのです。今日の目標は10キロでした。ゆっくりと60分で走るのは余裕と思っていました。

 

 ストレッチを終え、真向法をやり腕立て伏せ、背筋、腹筋を鍛え走り出そうとした時に充電していたスピーカーに気づきました。これをバッグに入れなければと準備したときにパソコンとつなぐコードが見当たりません。

 

 これが無いとパソコンでユーチューブの映像を音響を入れながら映せないのです。そういえば昨日、このコードを忘れないようにとどこかにしまおうとしたことを思い出しました。バッグの中を見ても見当たりません。10分ほど探しましたが見つかりませんでした。

 

 焦りました。しかし、走らないとと気を取り直して走り始めました。ランナーズハイで思い出すかもと走ったのですが、予定通りの時間を走れず、せっかく5時に起きたのに7.6キロでした。

 

 家に戻りシャワーを浴びて、今度は家族に話し、「どこだろうか」と相談したのですが分かるはずがありません。出勤の時間も近づいてきます。部屋に戻り気を取り直して部屋を眺めました。すると私の机に下にコードが落ちていることに気づきました。

 

 「あった―」と叫び部屋に戻ると家族はあきれ顔です。何時ものことねと笑っていました。こんな風に無駄な時間を使うことが多くなりました。忙しいのに益々忙しくなります。困ったものです。机の上に放り投げておく方が良かったのかもしれません。

| srzw3ws | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
早朝のご近所

 このところ、仕事の関係で朝早くジョギングすることが多くなった。朝5時過ぎから走り始める。すると意外な人に出会うことが多い。組長さんをやってくださった方が5時半過ぎにゴミ出しをしていたり(エーこんなに朝早くからやっているんだ)、3キロぐらい先の公園前で散歩の休憩をしている近所のお爺さんと会ったりした。

 

 6時半過ぎに走っている時に良く会う近所の方(いつも通勤時に自転車で挨拶をしてくれるている)が犬の散歩をしている姿も見た。こんなに早くから散歩をしていたんだと感心した。

 

 日曜日の夕方用事があって伺うと今お風呂に入っているからと奥様に言われたりすることが多い。まだ6時前なのにもうお風呂に入っているのかと驚いたことがある。私はいつも寝る前に入るから殆ど10時過ぎにしか入らない。

 

 もしかするとだから朝早いのかなと思ったりもする。違う時刻に走ったり、違う場所を走ると意外な発見があるがまさにその通りで良い発見をしたなと思った。

 

 朝が早いと一日が長い、また夜も眠くなるのでぐっすりと眠れるような気もする。

 

 昨日のニュースを見てびっくりした。総合格闘技家の山本KID氏が41歳で亡くなったことだ。

 

 若いから癌細胞があっという間に広がったのだろう。しかし、あのように元気に活動していた方が病気で亡くなったニュースを聞くとショックである。いつも運動をしている人は癌にもなりにくいと一般的には言われている。

 

 しかし、1日8千歩を推進している青柳先生の著書にも適度な運動をしている人が癌になる確率は1%。その1%にKID氏は入ってしまったとしか言いようがない。本当にご冥福をお祈りします。健康について考えさせられた。

| srzw3ws | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マラソン世界新記録

 2016年リオデジャネイロオリンピック(五輪)金メダルのエリウド・キプチョゲ(33=ケニア)が2時間1分39秒で世界記録を樹立しました。これは42.195キロを1キロ2分53秒弱で走り続けたことになります。せっかく日本記録を樹立し1億円も払ったのに、その日本記録は2時間6分11秒です。

 

 日本人には無理なのかなと思ってしまうような記録です。でもこの日本記録も1キロ2分59秒です。こんな風に考えるともしかすると超エリートたちはやってくれるかもしれません。

 

 ゆっくりと健康のためにジョギングをやっている身からすると信じられない記録ですが、身体を痛めなければと心配してしまいます。リオの暑い中で優勝する力があるのは、環境が良くなるとすごい力を発揮するのかもしれません。

 

 ケニアの選手ですが年齢も33歳です。マラソンは30台が力を発揮するのかもしれません。日本人選手が割と早く引退するのは練習のし過ぎかもしれません。

 

 練習のし過ぎは高校野球も同じです。また金足農業の吉田投手を皆さんは褒めますが、U-18のアジア大会を見ると投げ過ぎによる故障が発生したのではと心配してしまいます。

 

 ケニアのマラソン選手は日本人と同じぐらいの練習量なのでしょうか。その辺りを知りたいと思います。キプチョゲ選手の練習方法や練習量を一度研究した方が良いのではと思います。

 

 

| srzw3ws | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しいクラブでのゴルフ

 昨日は先日届いたクラブを使って初めてラウンドしました。練習は何とか2回。コースでは初打ちです。一緒に回る仲間は鎌倉稲門会ゴルフ部の方々です。OさんとKさんは大ベテランで30台も出したことのあり、いつも安定して40台で回っている人たちです。

 

 やはりコースに出ると最初は力んでしまい。うまくヒットしません。前半は55もたたいてしまいました。でも後半からドライバーは飛び出しました。先輩たちをオーバードライブすることもあり、会心の当たりが出た時は30ヤードぐらい飛んでいましたが、たった1回です。

 

 後半はやっとアイアンも当たりだしましたが、最初の3ホールはダメでした。しかし、その後は徐々に当たりだし、例えば右に行ってしまったととんでもない当りと思ったボールがグリーンの右側30ヤードぐらいですがラフにあり、まっすぐに飛んでいれば楽々乗っていたと思えるようなミスが多くなり、飛んではいるんだなと感じるようになりました。

 

 しかし、腰の痛みはずっとあり、回復することはありませんでした。本来腰を痛めないスイングに変えたはずが、テキストを読んだだけで実践したら、それから腰が痛くなりました。やはり直接指導を受けないと駄目なようです。

 

 今日は腰痛を直そうと腰痛専門の治療院に行ってきました。腰痛を起こさない打法を開発した方は岡本啓司さんという方です。彼は鍼灸師です。プロの腰痛を直しながら、プロと一緒にゴルフの打法を開発し、自身もシニアのドラコンの日本一になった方です。

 

 そこで今日は、腰痛の治療院の先生にその辺りを話し、どこが間違っていたか確認をとりました。するとやはりハの字に構えることは良いようです。ただ腰を割った時にお尻をきゅっと上げると良いと言われました。肛門を上に突き出すイメージだそうです。

 

 せっかく学び一時的には240ヤードも飛んだのに、今はその片鱗もない状況を打破するには、岡本氏のスプリント打法をマスターするしかありません。そのために整体師と相談しながらやっていきたいと思います。次回は良いスコアが出そうです。何とか2回はパーが取れました。

| srzw3ws | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高校野球のグローバル化を

 U−18のアジア大会があり、日本は台湾にも敗れ連覇が無くなったそうだ。吉田投手が韓国戦に続いて途中から投げたが明らかにおかしい。甲子園の時のような躍動感はないし、ボールにスピードが無い。何でまた投げさせたのだろうか。疑問に感じる。

 

 いつも日本が国際大会に出るたびに感じるのは、日本の国が特殊だということだ。例えば金高校生は金属バットを使っているが国際大会は木製バットのようだ。そのためいつも木製バットに慣れていないとの言い訳が聞こえる。

 

 またボールも国際球と違いがあるようだ。どうしていつも木製バットを使わないのかと思う。木製バットは高く金属バットが高校生には値段的にも安くて耐久性もあるとの判断かもしれないが、絶対におかしいと思う。

 

 大リーグで大谷選手が大活躍しているが、投手としては肘の故障でトミージョーンズ手術を医者から進められているようだ。解説者の話を聞くと大リーグのボールの方が少し重く握りも違うようだ。そのために故障したのかもしれない。

 

 WBCとかが始まるといつも投手がボールに違和感があり、直ぐに適合できる投手とどうしても合わない投手が出るようだ。日本は島国で全て自国で何でも作ってしまう。これは良いことだがボールにしても日本のボールの方が製品が良いと自慢するが、実際はそのために海外のチームと戦うとボールの違和感のために故障したり、うまく適合できずに負けてしまうこともある。

 

 韓国は最初から海外のものを使っているようだ。日本は自国で良いものを作ってしまうがために逆に海外と戦うとうまく行かないことが多いようだ。昔と違い今は日本も豊かだ。バットぐらい金属バットをやめ木製にし、日本の技術でボールも国際球に合わせ作ってしまえば良いと思う。言い訳ができないようにしてあげるべきだと思う。

 

 大阪桐蔭高校の選手がU−18で打てないのを見ると連覇も可哀そうにかすんでしまう。これからは国際化が進んで海外のチームと戦うことがさらに多くなっていくような気がする。日本のスポーツメーカも自社の利益ではなく国際化を進める方向で戦略を変えた方が良いのではないかと思う。

| srzw3ws | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アジア大会の男子サッカーの決勝戦を見て

 アジア大会に勝っても日本は評価しない傾向があるようだ。男子の柔道を見ても知らない選手が多い。リオの金メダリストが出たが、しばらく休養していたとか大けがをした選手だ。だから金メダル2個が仕方がないと思う。体操も柔道も一線級はみんな世界選手権のために準備しているそうだ。

 

 でも女子は7階級中6階級で金メダルをとった。78キロ超級の素根選手はまだ高校3年生。素晴らしい活躍だった。身長差23センチもあるのに延長で最後に韓国選手を倒してしまった。どんどん素晴らしい選手が出てきている。やはり過去にあったパワハラ騒動を乗り切ったことも良い意味で影響しているのかもしれない。

 

 昨日夜サッカーの男子決勝を見た。明らかに韓国が上だ。こちらがU―21で相手はUー23そしてオーバーエイジが3人も入っていた。そんなチームと戦うかう、そのため守備的に戦い、75%以上ボール保持率を維持されながら戦っていた。

 

 それに韓国は決勝で勝つと兵役が免除されるとのこと、負けると飛行機から飛び降りなければといった新聞記事も出ていたようだ。トットナムのレギュラーのソン・フンミン選手も入っていた。彼も勝てば兵役免除だ。その中で守備的と批判されようが、負けないことを選択して戦った日本のチームを褒めるべきだろうが、どうもJリーグがアジア大会を軽視していたようだ。

 

 だから1チーム一人だけ、残留争いをしているチームからは選手を出さない等いろいろ条件を付けていたので、森保監督は少ないコマの中での戦いを余儀なくされていたようだ。ワンマンな社長の下で働くサラリーマン監督が森保監督という感じだ。

 

 今、体操界のパワハラ問題が脚光を上げているが、うまくいっているように見えても、膿がいっぱいたまっているスポーツ界だと思う。ラグビー協会も大学ラグビー協会が昔ながらの人でがんじがらめになっており、革新が出来ていないようだ。

 

 その意味でグローバル化は良いと思う。旧体質ではやっていられない。日本の中でどんなに強くても外国と戦うと井の中の蛙と気づかされるからだ。その意味で女子の柔道は素晴らしいと思う。

| srzw3ws | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
身体の力を抜く

 昨日は久しぶりに宇佐美コーチの指導を受けました。昨日はマンツーマンの指導でした。この8月は何とか250キロ走ったと報告すると「それはすごい」とほめてくれました。体調も良く、いつもの体の痛みもないことを伝えました。

 

 コーチはそしたら一度キロ3分45秒を体験してみようか。それくらいを体験しておくと3時間ちょっとで走ることが出来るとのこと。「先生それは無理ですよ。私も年だから」と話すと「そんなことはない。君ならできる」と言われてしまいました。

 

 最初の2キロはウオーミングアップです。キロ6分30秒ぐらいで走りました。走り終えると「まずは右足の蹴りが、左足に比較して弱い。今度は右足の蹴りを意識するだけでいいからやってみよう。そして腕の振りがまだ力が入っている」ということで力を抜いて軽く振ることを意識する練習をしました。

 

 そこを意識すると急にスピードが増しました。知らないうちに4分台で走っていました。次にいつも意識していますが1本の線の上を走ることをもっと意識してみてくださいとのこと。すると交互に足が前に出ることによって腰の回転が生まれ推進力が高まるそうです。

 

 次の1キロはこの3つを意識して走ること、そして最後の1キロは3つを意識してスピードを上げてみてくださいと言われました。すると最後は4分ぐらいで走ることが出来ました。3分台はまだ無理ですが、練習を重ねれば可能かなと思えてきました。

 

 頑張ります。宇佐美コーチに合うといつも元気になります。

| srzw3ws | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日久しぶりに宇佐美教室に

 今月は猛暑が続きます。こんな時に走りすぎると身体を痛めることにもつながります。でも走らないと冬場に影響があるような気がします。そこで今月は250キロを目標としました。

 

 今日現在で240キロ走っています。ほぼ目標達成です。Tシャツと短パンを毎日変えないと汗で臭くなります。妻は大変です。毎日私の汗だくのTシャツや短パンを洗ってくれています。

 

 また朝走り出す時が大変です。一応日焼け止めを塗るようにしています。そしてジョギングの時は小さなタオルも持つようにしています。やはりサングラスの下の頬のあたりが汗で濡れてきます。それを拭きながら走っています。

 

 こんな暑い時でも結構ジョガーと会います。向こうも良く走るよなと思ってこちらを見ているかもしれません。9月に入ったらのんびりと鎌倉の街並みを見学しながら休日は走りたいと思います。

 

 無理せずに20キロぐらいあちこち走ると楽しいかもしれません。今日もインターネットを見ると女子体操選手へのパワハラ騒動が大きくなり、体操協会そのもののパワハラ疑惑が出てきてしまったようです。

 

 選手を大事にしない姿勢がわかるのは18歳の女子選手が言ったことを塚原氏は即座に嘘をついていると言ってしまったことです。何か勘違いをしているようだとかもっと気を遣って発言すべきだと思います。

 

 上から目線で発言を否定するところに問題があるのかもしれないと思いました。スポーツ界は混迷の時代に入ったようです。これで膿を出し切ると良いのですが。

| srzw3ws | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柔道60キロ級男子決勝

 今日何気なくアジア大会の男子60キロ級の決勝を見ていました。結論から言うと日本選手が延長戦で負けました。でも見ていてなぜ負けたかよくわからないのです。

 

 相手の外国人選手が技をかけたのですが、日本選手がうまくかわしたと思いました。なのに審判は技ありをとったようです。ちょっと疑義の意見があったようで話し合いが行われたようですが、結局日本選手が負けました。

 

 つまらない試合と思いました。相手選手は喜んでいますでもなぜあれが技ありなのと思いました。柔道は有効とか優勢とか訳のわからないことをやっていましたが、最近は攻めてはっきりと技をかけることが重視されるようになったと思っていました。

 

 やはり素人でもしっかりと分かる技が素晴らしいと思います。判定競技(芸術系)がある中で柔道も訳の分からない判定競技に成り下がったのでしょうか。

 

 本当に面白くないと思いました。外国人選手が勝っても素晴らしい技をかけて日本選手から一本をとった試合は素晴らしいというしかありません。相手を褒めるべきです。

 

 しかし、審判の判定が良くわからないような試合を続けていると反発を買うのではないでしょうか。インドネシアの選手と戦っていたアジア特有の武道(よく知りません)の決勝戦でシンガポールの世界チャンピョンが途中であまりにも判定がひどいと棄権してしまった試合があったようです。露骨な地元ひいきの試合だったようです。

 

 何かが世界に広まっていくと審判の質が上がっていかないとこのようなことがあるようです。これもグローバル化なのでしょうか。大リーグの試合を見ていても「この審判はこのコースをとりませんね」とビデオで見ても明らかにベース上をかすっているボールで高さもストライクコースに入っている投球をボールと判定し、解説者は苦笑いをしていました。人間がすることはこんなことかもしれません。そこに投げなければ良いのです。それができる人が勝利を手にする人かもしれません。

| srzw3ws | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
39度の猛暑

 今日は昼過ぎに妻に頼まれ買い物に出かけました。午後2時過ぎです。車についている温度計ですから正確かどうかは分かりませんが、最初は摂氏38度でしたが、しばらく乗っていると39度までに上がりました。

 

 車の温度計は車自体が熱くなっている可能性もありますが、過去最高記録です。帰りは36度まで下がっていましたが、昨日札幌で体験した19度と比較すると20度違いです。

 

 台風の影響下の雨での気温です。でもたった一日違いで20度の温度差は身体にこたえると思います。今日は朝一番にゴルフの練習をしてから朝食後11キロ強走りました。

 

 ものすごい汗の量だったので35度ぐらいはあったのかもしれません。昨日まで札幌で雨の中十分走れなかったので長距離を走りたいと思っていました。朝食後で走ったのでエネルギーがあったのか、いつもよりもスピードが出て自然にキロ5分が切れていました。

 

 やはりエネルギーの補充が大切なんだと思います。ガス欠と言いますが35キロ過ぎに急にスピードが落ち、走れなくない状況です。これを防ぐにはやはりエネルギー補給が一番大切なんだなと思いました。

 

 それにしても暑いです。体の弱い人やお年寄りは本当に気を付けていってほしいなと思います。妻と買い物に行くとき部屋のエアコンをどうしようかと悩みましたが、29度設定でつけておこうかと決めてつけたまま出かけました。

 

 やはり大正解で、29度設定でも家に入ると涼しくてホッとしました。こんな猛暑では無理は禁物です。エネルギの無駄遣いかもしれませんが良かったと思います。いつまで続くかわかりませんが、こんな時に十分体を鍛えておくと秋になると好調さを維持できるのではと思ってしまい、猛暑を良しと受け止めることとしています。

| srzw3ws | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode