Page: 1/153   >>
CLオンラインセミナーの開催

 明日、CLオンラインセミナーを開催することにしました。もともと都内で明日開催することに決めておりましたが、このコロナ禍で開催を中止しました。

 

 ところが、Zoomが活用され始め、自分自身も使ってみると意外に使い勝手が良く、これで皆さんと顔を合わせることが出来ると思い、急遽皆さんにお声掛けさせていただきました。

 

 しかし、意外に家庭でオンラインで受講できる環境が整っていない方がいらっしゃり、自宅での仕事も難しいのだなと分かりました。日立製作所は一昨日の日経で周2日から3日の出勤でOK。成果を中心とした人事制度に変えると発表しておりました。

 

 私は全く違和感が無かったのですが、考えてみると私の仕事は、まさに成果主義で請け負った仕事をこなす、つまりテキストを作ったり、打ち合わせに基づき対応してアウトプットをお客様に提出するのが仕事でした。

 

 この30年ぐらいずっとそのスタイルで仕事をしていたのです。だから家で仕事をしていると子供がそばで遊んでいたり、時には妻の家事を手伝わないといけなかったりといった状況は経験済みでした。

 

 にわかに家庭で仕事をする状況になった人にとっては大変な思いもあるのかもしれません。日本電産の永守氏は、自宅で仕事をするようになると通勤費もいらないし、わざわざ会社に来る必要もない、だから給与も上げて地方で暮らしていただき、環境の良い場所で仕事をしてもらうことも可能と書いてありました。

 

 その通りだと思います。会社に近いからと都心に近い場所を高額で購入し、狭いけど通勤に便利だからといったことが無くなるのです。遠くで広い家に住み夫婦が家の中に仕事場を持ち、働くのが当たり前になるかもしれません。

 

 CLオンラインセミナーでは、そのような働き方、仕事の仕方も含めて皆さんと議論ができればと思います。

| srzw3ws | 13:03 | comments(0) | - | pookmark |
アベノマスクに感謝

 昨日ある方と話していたら、町田市にアベノマスクが届いたとの話がありました。へー町田はすごいんだと思いました。鎌倉はまだ届きません。全く期待もしておりませんが、4月の上旬に届けばありがたいなと思ったかもしれません。

 

 高々1軒に2枚の布製マスク、それも小さな子供用?のマスクが2カ月近くもなってまだ配布されない状況はいったい何でしょうか。そして不良品が発生してそのチェックにまた数億円の税金が使われているそうです。遅くなっているのは不良品が見つかりチェックに時間がかかっているのでしょう。

 

 こんな話、諸外国から笑われてしまう話だと思います。たまたま運良く感染者や死亡率が少なく、政府は日本のやり方が素晴らしかったと自画自賛しているようですが、もともと東アジアでは欧米と比べてそもそも感染者も死亡者も少なく、日本は東アジアの中では最も高い感染率、死亡率だそうです。

 

 私はもちろん医療関係者の懸命な命を張った努力のたまものだったと思いますが、政府のやり方が良かったとは全く思えません。準備不足、危機意識の欠如等厚生労働省のリーダーシップは無く、存在感は少なかったと思います。

 

 10万円支給についても申請書もまだ届きません。安倍首相が経済の立て直しに世界最大規模の支援をすると言っても、全く信用することが出来ません。欧米の様に決まったら日本人歌手にも2日後に60万円が支給されたとの話を聞くと羨ましくなります。

 

 本当に日本は仕事の生産性が低いんだなと感じます。公務員の方は一生懸命歯を食いしばって働いていらっしゃると思います。しかし、仕組みやシステムを平時に構築していなければ、一生懸命やっても追いつくはずがありません。仕事の仕方が前近代的なのです。

 

 きっと今回のコロナウイルス禍で日本は変わると思います。ペーパレス化はもっと進み、ハンコも無くなるでしょう。公務員の無駄な人事異動も無くなるでしょうし、市民にメールアドレスの取得を促進するでしょうし、学校関係もIT環境が良くなるでしょう。全く聞こえない防災無線を流している鎌倉市も考えを変えてくれると思います。

 

 アベノマスクには感謝しなければなりません。いろんな業務を進めることが出来なくなっている日本の惨状を明らかにしてくれたのです。アベノマスクに感謝です。韓国の様に失敗を活かし、次のパンデミックの時は大きく変わっているでしょう。

| srzw3ws | 21:28 | comments(0) | - | pookmark |
麻雀と法曹界

 今回黒川氏の賭けマージャンが問題になっています。63歳という年を考えると麻雀が好きな年代です。私の大学時代はまさに麻雀真っ盛りの頃でした。みんな雀荘に入り浸り、大学の先輩も先生も雀卓を囲んでいました。

 

 そしてお金のない皆は僅かなお金をかけてやっていました。麻雀の強い奴はみんなに尊敬されていました。だから私の年代は今でも麻雀をやっている連中がいっぱいいます。しかし、私は下手でどうも好きになれませんでした。負けてばかりだとさすがにやる気が起きませんでした。

 

 そんなことを思い出しながら今回のことを考えるとともかく法曹界の人達が、それも地位の高い人が新聞社の記者にタクシー代を払わせていたこと。人を法律で裁きながら、自分たちはお咎めなし、そして批判記事を書いている新聞記者が一緒にやっていたことでした。検察のトップ候補が賭けマージャンを新聞記者とやって何もお咎めが無いのなら、彼らに人を裁く資格があるのかなと疑問を感じてしまいます。

 

 同僚と楽しく麻雀をやるのは全く問題ありません。ストレス発散になり、仕事がはかどるなら徹底的にやっても良いのではと思います。

 

 結局今回のことで分かるのは、なあなあでみんな分かっていながらやっているんだなと分かってしまったことです。多分、同業他社の新聞記者もみんな知っていたことだと思います。でも書けない、みんなで黙認してきたのだと思います。

 

 今度のコロナ騒動で、いろんなおかしなことがみな明らかになってきました。手作業で仕事を進める官庁、殆ど真剣に感染症への対策を検討してこなかった厚生労働省(やっていればこんなに不手際は無かったと思います。本来は優秀なはずです。)、真剣に感染症に対して対策をしていたのは自衛隊の病院だけでした。それでも何とかなっているのは日本人が真面目で優秀だからだと思います。

 

 まだ届かないアベノマスク、支給されない10万円、都の助成金も数日前の報道では数%の支給だそうです。何をやっても遅い対応です。法曹界が甘々になるのも分かる気がします。ゴーン氏が逃げたのも分かるような気がしてきました。信用できなかったのだと思います。コロナ禍を機会に是正されることを期待します。

| srzw3ws | 14:26 | comments(0) | - | pookmark |
鶯の復活

 今日の朝ジョギングを始めるときにストレッチをしてましたら、すぐ傍で鶯が大きな声で鳴き始めました。非常に大きく聞こえました。久しぶりでした。私の近所では鶯の声がしなくなり、それに反してガビチョウの声が大きく聞こえるようになりました。

 

 ガビチョウは害鳥です。中国から江戸時代に持ってきた鳥として知られているようですが、近ごろ関東周辺ではどこに出かけてもその鳴き声を聴くことが出来ます。https://www.youtube.com/watch?v=KQGzRw87wKE

 

 我が家には庭に来て芝生の上を歩いていたこともあります。近所の公園で鳴きながら歩いている姿を見ていて覚えがあったから分かりました。しかし、我が家では鳴いてくれませんでした。

 

 このガビチョウが席巻して鶯を追い出したのではないかと心配しておりました。でも大きな鶯の鳴き声を聞いて杞憂に終わったと安心しました。

 

 ガビチョウは鶯の声をまねするともいわれていますが、鶯にはかなわないと思います。しかし、近くの山に行きガビチョウの声を聴くと本当にきれいな鳴き声だなと思います。

 

 しかしなぜか害鳥だそうです。鶯よりも大きく、目立つ鳥です。皆さんも注意して是非見つけてみてください。鶯にも頑張って欲しいなと思います。

| srzw3ws | 16:20 | comments(0) | - | pookmark |
プレイカラオケアットホーム

 今日は家族で夕食をしました。なぜかカラオケをやろうということになり、ユーチューブでカラオケをテレビ画面に出し、まずは私が歌い始めました。「神田川」ですテレビのリモコンをマイクにして歌い始めたのですが、結構乗ってきました。

 

 そのうち、小柳ルミや昔の歌手を選択して歌っているうちに家族全員で歌い始め、楽しい合唱になってきました。多少音程が狂っても画面で点数も出ることもありません。

 

 意外に大声で歌ってもそんなに響かないことにも気づきました。結構いいなと思いながらみんなで歌い始めました。マイクが無いので自分の声が大きく響くこともありません。

 

 また家族全員が歌っていると一人の歌に全員が集中して聴くこともありません。そこで多少音程が狂っても何のこともなく歌い続けてしまっても構わないことに徐々に気づきます。

 

 今はみんな外に出ることもできません。もしもテレビでユーチューブの画面を見ることが出来る人は、カラオケにチャレンジしてみてください。本当に楽しいです。

 

 またチャレンジしてみようかなと思いました。

| srzw3ws | 22:07 | comments(0) | - | pookmark |
権力に阿(おもねる)る人

 今黒川検事長が賭けマージャンをやっていたとのことで大騒ぎになっています。私はマージャンが苦手であまりやったことのない人間ですが、友人たちは大好きでした。

 

 だから黒川検事長の年齢を考えると麻雀好きは良く分かります。しかし、客観的に見て安倍総理の周囲で発生するいろいろな事件を見ていると、公文書の改ざんや権力のある人が部下に何かをやらせていたなと客観的に見ていて思うのは当然だと思います。

 

 今回も検事長の定年を伸ばしたのも黒川氏を総検事長に就任させるための小細工だとはだれもが思うことだと思いますが、安倍総理はそんなことはないと突っぱねます。しかし、過去の彼の発言を見ると全く信じられません。

 

 嘘をつきながらそうではないということを何度も見てきました。そうとして思えない内容です。一流ホテルで一人5,000円の宴会なんて考えられません。しかし安倍総理はホテルがそういったのだからあり得ると言い張ります。だったらホテルは誰にでも5,000円で総理が依頼したと同じメニュで多くの一般の人に提供すべきです。

 

 そして黒川氏は7千万円の退職金ももらえるそうです。今までの功績だろうと思います。こんなことを書いていてもむなしいのですが、こんなことがまかり通るような世の中が変わって欲しいと思います。

 

 野党が正しいとか、与党がおかしいとかではなく、政治家そのものが信用を失っています。こんなことをやっていると日本はつぶれてしまうのではないでしょうか。国民を守って欲しいと思います。困っている小規模事業者を守ってあげて欲しいと思います。

 

 ただそれだけを期待します。権力に阿る人だけが良い目を見るような世の中が変わって欲しいと思います。

| srzw3ws | 21:30 | comments(0) | - | pookmark |
マスコミの冷たさ(黒川検事長報道)

 昨日、政府が今提出中の検察庁法の改正案を諦めました。今日は、その当事者と言われる黒川検事長の賭けマージャンのニュースが流れ、検事長の辞任の話が出回っています。一連の流れを見ていると皆さん黒川さんが賭けマージャンをやっていたことはマスコミの方々は、知っていたのだと思います。

 

 しかし、将来の総検事長となる可能性がある人を勝手に誹謗中傷記事を書いてはいけない、でも今回の検察庁法の改正がなされないとなると黒川氏の総検事長の目は無くなった。だから出してよいだろうと判断したとしか思えません。

 

 本当に日本の政治もマスコミも堕落していると思います。好き勝手に政治を進める安倍総理、コロナウイルスで日本全国が必死に戦っている最中に検察庁法の改正をこそこそと出し、決めてしまおうとする政権。マスクも不足状態から出回り始め、400億円以上もかけて国民に配ろうとしても、まだ9割以上が届かない実態。

 

 いったい何をしているのでしょうか。こんな状態になっても30%以上の人々が安倍政権を支持しているのが信じされません。本当にやさしい国民です。

 

 でも良かったのではないでしょうか。今回のコロナウイルスの蔓延によって危機に陥った状況の中で分かったことが一杯あります。日本の生産性の低さの原因が分かったこと。公務員も一生懸命仕事をしていますが、働き方を変えても仕事の仕方を変えていなかったことが分かったこと。

 

 マイナンバーに登録していても何も良いことが無いと分かったこと。マイナンバーから申請するとある都内の区役所では1日に300件処理が出来、郵送だと3000件処理ができるそうです。何の為にマイナンバー制度を取り入れたのでしょうか?

 

 また分かったことは若い人が頑張る組織ほど強いことです。台湾は39歳のIT大臣は自らプログラミングし、マスク不足を防いだこと。日本のIT大臣は79歳でハンコ協会の維持に躍起になり、今回も何もできなかったこと。

 

 神奈川県は東京都にも負けて多くの陽性者を出し続けております。その中心である横浜市や県庁も何故か存在感が何もないことです。リーダーが見えてきません。やはり、若い人が頑張れる組織が強いのではないかと感じます。また国民や県民の為に自らの言葉で全力で語り、考えているリーダーが存在感があるようです。そんなことが分かりました。

| srzw3ws | 21:12 | comments(0) | - | pookmark |
Zoomで会議

 Zoomでミーティングをやることが多くなりました。しかし、欠点もあります。相手が数人でパソコンの前に陣取り、話し合いに参加すると言っている声が良く分からないのです。耳を澄ませていれば大概のことは分かりますが、一人一台に比較すると音質が非常に劣ります。

 

 このことは相手には言い難く、良く聞こえませんということも言えません。一生懸命聞けば何とか分かるからです。これは自分がきく立場になって初めてわかることだと思います。

 

 なんでもそうなのですが、意外に言えないものです。言っていること、内容が良く分からないとき、それを理解するのは非常に難しく、ひと言では言い難いことだから時間をかけて聞かないと分からないと思うのですが、別の見方をするともっと分かり易く表現できないのだろうかとも思うのです。

 

 何となく重要そうだなと感じることが出来るが、一言では言い表せないことは非常に難しい問題です。その時の解決策は自分ならどう説明するという視点だと思います。自分でもできないことを人に何かを言うことはできません。

 

 Zoomでミーティングを行う時、相手に自分の声がどう聞こえているかをテストすることだと思います。Zoomにはその機能があると思います。

 

 いつも自分のことが相手にどのように見えているか、聞こえているかを考えながら何かを進めていく事が大切なんだなと最近思います。

 

| srzw3ws | 10:50 | comments(0) | - | pookmark |
ジョギングをしていて気づくこと

 今日も朝8時ごろからジョギングを7キロほどしました。マスクをして走っているのですが、さすがに暑く顔に汗をかきます。額のあたりから汗がしたたり落ちます。真夏はどうなるのだろうかと心配になります。

 

 とはいえすれ違う多くのジョガーもマスクをしている人が多くなり、殆どのジョガーはマスクをしています。そして私の様に人がいるとマスクを上げ、人が誰もいなくなるとマスクを外したりしている人もいます。そうだよねと思ってしまいます。

 

 しかし、マスクをしていない人も目立ちます。散歩をしている人です。散歩時のマスクは息苦しくもないし、していていいんじゃないのと思いますが、老人にしていない人が目立つのです。

 

 老人ほどコロナウイルスに罹った時に危険度が高いと言われています。服装と雰囲気で言ってしまい、失礼かと思うのですがマスクが手に入らない人ではないかと思うようになりました。

 

 もう既にマスクは手に入るようになりました。あちこちで売っている店を見かけるようになりました。それでも購入しないのではないかと思います。きっとマスク代がもったいないなと思っているかもしれません。罹ったら罹ったで仕方が無いと諦めているのでしょうか。

 

 やはり自分の身は守った方が良いと思います。実際に誰もが自分は大丈夫とは言えない怖さが新型コロナウイルスにはあります。万全を尽くしても罹ってしまうかもしれません。しかしやるだけのことはやっておいたと言えることが後悔しない生き方だと思います。

 

 どんな時でも希望をもって生きることが大事なのではないでしょうか。マスクをしないお年寄りを見ていると気になって仕方がありません。自分のお身体を大事にして欲しいなと思います。

| srzw3ws | 11:24 | comments(0) | - | pookmark |
持続化給付金の支給

 持続化給付金がやっと支給されました。私の場合多くの飲食店と同じく対前年比90%以上の落ち込みでした。仕事柄、人が集まらないとできません。これほど急激に仕事が無くなるとは思いませんでした。

 

 5月1日に直ぐに申し込みましたが、昨日給付されました。これでちょっとホッとしました。しかし、生き延びていくためにはいろんな工夫が必要です。

 

 多くの経営者が悩んでいらっしゃると思いますが、私もZoomを活用したり、いろんなことに新たにチャレンジしていこうと思っています。

 

 このコロナウイルス禍で分かったことがあります。それは日本の生産性の低さです。今まで先進国の中で日本の生産性は低いとずっと言われていましたが、どういうことなのかが良く分かりませんでした。

 

 しかし、各国が直ぐに給付金を支給したり対応を直ぐに開始したのに日本はいまだにマスク2枚も届きません。10万円支給してくれると喜んでいましたが、鎌倉市でも5月の下旬に郵送が始まり、6月の中旬から振り込みが始まるそうです。

 

 マイナンバーカードを取得していればすぐに支給との話だったのですが、多くの方がパスワードを忘れ、その確認で役所がパンクし、実際に申し込んでも職員が住民基本台帳と照らし合わせて処理をするので郵送よりも手間がかかるとのこと。

 

 今まで人件費削減と人減らしをしてきましたが、仕事の仕方を変えていなかったのです。外資系の元経営者に言われたことですが今でもその通りだったなと思います。「働き方改革はナンセンスだ。仕事の仕方を変えないと何も変わらない」とおっしゃいました。

 

 まさにその通りです。残業を無くせば良いという訳ではないのです。公務員は一所懸命やっています。しかし、無駄なジョブローテーションをしていつも仕事の素人を作り出し、仕事の仕方(ITを活用して時短する、楽をする)を何も変えていなかったのです。

 

 よくあるパターンでは人件費を安くするためにパートを雇い、どんな仕事でも一生懸命仕事をすれば褒められました。それが日本のDNAなのです。その弊害がまだ続いているのです。コロナ禍を機会に日本も変わるでしょう。期待しています。

| srzw3ws | 11:14 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode