Page: 1/157   >>
「月に咲く花の如く」終了(我が家で)

 このところ毎晩食事の時に中国語ドラマ「月に咲く花の如く」を見ていました。ケーブルテレビで無料で見れることもあり、毎晩2回分を見ていました。全部で74回、1回が大体45分ぐらいです。中国はこれを3カ月弱で放送してしまうそうです。ちょっと気が抜けてしまいました。

 

 主人公の周瑩(しゅうえい)は女性実業家、機転が利いて慣習にも囚われない自由な発想で難局があると、いつも斬新な発想でそれを乗り切ってしまいます。そして民衆を愛し、一人一人の雇人も大事にしています。

 

 先日ちょっと書いたように明の末期も官僚や貴族も豪商を手玉に取り、賄賂を受け取り自分たちの口利きに対し、利ザヤを請求するのが当たり前になっていたようです。だから人を陥れるのは当たり前で周瑩(しゅうえい)の周囲の人たちも殺されていきます。

 

 現在の日本の状況を見ていると人を殺すところまで行っていませんが、自殺に追い込むことはやっているようですが、似たようなものを感じます。日本の方がもっと巧妙で絶対ばれないようにやっていますし、資料の改ざんも当たり前のようです。

 

 見ていて気持ちが良かったのは、多くの人が殺され、ひどい目に遭っていますが、周瑩(しゅうえい)は知恵とその魅力で多くの危機を乗り越えていきます。それが見ていてハラハラするし、次を見たくなってしまうのです。

 

 東京ドームと同じぐらいの土地に明の時代のロケ地をつくり65億ぐらいかけて制作したそうです。スン・リーという女優も中国ではナンバー2的存在で非常に人気がある女優だそうです。

 

 実在した人物で周瑩(しゅうえい)は40歳で亡くなったそうです。若い時からその発想と自由な精神、民への思いやりで多くのことをなし遂げた人物です。素晴らしいと思います。字も十分読めませんが、記憶力は抜群でいろんなことをしっかりと記憶しています。

 

 そんな人物が大きなことを成し遂げるのでしょう。亡くなった元首相の田中総理をほうふつさせる様な人物です。日本のリーダーもマスク一枚に拘らずに大きなことをやってほしいと思います。

| srzw3ws | 09:42 | comments(0) | - | pookmark |
足の痛みと鍼灸

 このところ足の痛みで走ることができません。歩いています。先日3キロ走っただけで痛みが増してしまいました。そこで整体に行くとゴルフのフィニッシュが原因だと思うけども、左サイドの筋肉が固まっているとのこと。

 

 そこでストレッチも教わり、かなりほぐしました。しかし、完全ではないので藤沢のいつもの鍼灸マッサージの先生の予約を取りました。

 

 ところがその当日鍼灸院から電話が入り、先生が腰痛で倒れたとのこと、次の日に延ばしました。そして次の日に先生本人から申し訳ないと言ってまた延期の電話です。

 

 運がありません。そこそこ治ってきて鍼と灸で完全に治そうとした目論見は一掃されました。今日の朝は少し雨が降っていたので娘を駅まで送りましたので早歩き2キロだけです。今日夜にでもあと3キロ歩こうと思います。

 

 基本的に痛みとは今までのやり方が悪いので神様が教えてくれるメッセージだと思っています。何が悪かったのか、ゴルフのスイングです。しかし、来週の日曜日は久しぶりのゴルフです。密を避け1組だけでのんびりと回ります。

 

 きっと静かなゴルフになると思います。それでもずっとやってこなかったので広々としたスペースでのんびりとボールを打てることは幸せだと思います。

 

 その時までに足を完治させておこうと思います。東京の感染者が400名を超えました。少しでも少なくなることを祈ります。あまりにもひどいと中止にせざるを得ません。

  

 

 

| srzw3ws | 17:43 | comments(0) | - | pookmark |
月に咲く花の如くと日本

 今、我が家は中国のドラマ「月に咲く花の如く」にはまっています。毎日夕食時に2回分見ています。毎回スリリングで主人公のスン・リーさんの活躍に目を見張り、応援しています。これは清朝末期に実在し、中国の近代化に貢献した女性豪商・周瑩( しゅうえい)の愛と成功を描いた中国歴史ドラマです。

 

 豪商の呉家と沈家の争い、そして必ず官僚との癒着があります。そして悪徳官僚が商売の何割かを搾取し、思うように操っていくというドラマです。主人公の女性豪商・周瑩( しゅうえい)はそのような争いに敗れ殺された自分の夫と養父の敵を討つために商才を発揮し戦いを挑む物語です。

 

 以前は、昔の中国はそうだったろうなと思いながら、ひどい国だなと客観的に見ていました。しかし、最近コロナ禍の日本も同じだなと思えてきました。持続化給付金の下請けとして電通などが作った協会に丸投げし、電通がマージンを取っていたこと等も全く同じような構図だなと思えてきます。

 

 そして誰もがおかしいと思っているアベノマスクもあれほど不評でいらないと言われているのに、菅官房長官は必要なマスクだと公の場で会見し、何百億も使って医療関係者や介護関係者に配布するとのこと。きっと業者に注文をしてしまい契約をしているので、今更断れないのだと思います。

 

 民意を無視し、それだけでなくお金を無駄に使う、経営が逼迫している病院へのサポートはいらないとみんなが言っているアベノマスクを支給すること、こんなバカな構図がまかり通る日本はいったい何だろうと思ってしまいます。

 

 国会は閉会しているので、全く議論する場もありません。安倍首相は夏休みを取るようです。GO TO トラブ(ベ)ルキャンペーンも無理やり決定し、現場が混乱しています。リーダーシップを発揮する人もいません。いったい日本はどうなるのだろうと心配になります。

 

 政治家がしっかりしていなくても、現場の人たちはきっと頑張って何とかしてくれると思いますが、足だけは引っ張らないようにして欲しいなと思います。

| srzw3ws | 11:19 | comments(0) | - | pookmark |
久しぶりの整体

 今日は朝から雨でした。仕方がないので傘を差し、散歩に出かけました。1キロほど歩くと急に晴れてきました。そこでゆっくりと走ることにしました。実は先週から左の腰のサイド(股関節部分)に痛みが少しあり、早く走れませんでした。

 

 ところが今日私がゆっくりと走っているとある男性が私を追い抜いていきました。すると何故か抜き返すことはしませんでしたが、スピードが上がってしまったようです。GPSを見るとキロ5分20秒です。

 

 すると急に痛みができていました。あと1.5キロをゆっくりと歩き家に戻りました。そしていつもお世話になっている整体へ電話すると、今日の2時半から1時間空いているとのこと、直ぐに予約しました。

 

 「久しぶりですね。どうしました?」と状況を説明することになりました。どうやら原因はゴルフのようです。左足の側面全体の筋肉が固くなってしまっているそうです。これはゴルフをやる方に見られる特徴だと言います。

 

 そういえば6月からずっと1週間に1回はレッスンを2時間受けていたのです。少しずつ当たるようになったなと思ったら故障です。いろいろな部位を押されると非常に痛いのですが、少しでもよくなればと我慢しました。

 

 何をやっても反動があるのが人生なんだなとつくずく思います。終わっても痛みは取れませんが、原因が分かり、毎日行うストレッチも教わりました。しばらくはそのストレッチを続けるしかありません。

 

 でも久しぶりに体全体を見てもらいすっきりとしました。やはり毎日ジョギングもやっており、ゴルフの練習を付け加わっていますので、たまにはメンテも必要なようです。

| srzw3ws | 17:47 | comments(0) | - | pookmark |
新しいことへの拒絶

 日本は今回のコロナウイルス対応で世界との格差をだれもが感じているはずです。いつまでもできないPCR検査、格段の進歩と言いながらドイツや韓国、アメリカに比較すると圧倒的に日本の検査数は少ないです。テレビで連日報道されていても変わりません。

 

 毎日発表される感染者数もその数え方を聞くとびっくりしてしまいます。いまだにFAXを使っているそうです。娘が務めているトイレタリー関連の世界も工務店が多いせいか、いまだにFAXだそうです。有名なメーカーでもFAXでと依頼されるそうです。

 

 自治会関連の仕事をしていて、市役所や地域の学校とお付き合いが始まったが、びっくりしたのは市役所もEメールアドレスを課単位でしかもっていないようです。学校は小中学校でそれぞれ一つ、企業では中小企業では分からないが、普通社員一人一人がメールアドレスを持っています。

 

 町内会や商工会でもZoom会議を提唱すると普段PCを使い慣れていない方から、Zoomはセキュリティが甘いそうだからと使用に反対意見が出る。確かにそのような情報があるのは事実だが、それではCisco Webexを使ったらどうかの議論もないし、現状を調べようとしないのが残念です。

 

 日本人はかたくなにハンコ文化を守ってきました。そのためハンコをもらうために感染覚悟で出社する人たちもあったようです。いま中国のドラマ「月に咲く花の如く」を家族で毎日見ています。そこではヨーロッパからの洋布の中国での生産を拒絶し、外国人と会おうともしない中国人が描かれていました。今の日本と同じように感じます。

 

 中国人の方がスマホやIT機器を使いこなしています。今の日本の老人は結構学識のある方でも拒絶する人が多いのに驚きました。でも何とかこれを乗り越えてほしいと思います。

 

 コロナ禍で日本が変わる。変わってほしいなと思います。そして乗り越え、多くの産業が力強く世界と戦っていく姿を期待したいと思います。

| srzw3ws | 11:12 | comments(0) | - | pookmark |
Go To トラベルキャンペーンの迷走

 昨日のニュースステーションを見ていたら、アメリカニューヨークの現状が放映されていました。美容院の客はマスクをしたままヘアカットを行っていました。日本はどうだろうか。そして美容師や理容師は2週間に1回のPCR検査が義務付けられているとのこと。

 

 そして市内のあちこちで本人が検査を望めば無料でPCR検査ができるそうです。それに比較して日本はどうだろうか。ビジネスでPCR検査が必要となると病気ではないので数万円の実費費用が掛かると放送されていました。

 

 いまだに検査が思うように受けられないそうです。2月から基本は全く変わっていないようです。これらの報道が流れるとある医者は本来PCR検査は誤差がある、やっても意味がないと言うが信じられない。誤差が50%以上ならそうかもしれないが、言い訳にしか聞こえません。

 

 これらの医者や関係者は政府寄り、いや感染研寄りの人達だろうと思います。Go To トラベルキャンペーンも行きたい人は全員検査を受けて陰性の人のみ行けるようにすべきだと思います。本当はそのPCR検査代を助成し、陰性の方が堂々と旅行できるようにしてあげればいただければ、地方のホテルや旅館も潤うはずです。

 

 韓国や台湾、中国、ニューヨーク、ドイツでできることが日本ではできない現状を認めなければなりません。キャンペーン説明会でも業者に何も説明できないのに今日から始まっているのです。こんなていたらくで、もしも感染が爆発的に増えたら政府はどう責任を取るのでしょうか?

 

 安倍首相がいつものように責任を痛感していると言ってももはや許されることではありません。本当に情けなくなる現状です。日本は本当に大丈夫なのでしょうか。何とかしてほしいと思います。

| srzw3ws | 17:29 | comments(0) | - | pookmark |
デリカシーの無さ

 私は月に2回ほど庭の草を刈っています。今の時期は成長が早く機械でバリバリとやっています。特に庭の芝生は大変です。裏庭はいつも鎌で刈り取っています。娘に「お父さん、ハナ(我が家で飼っているウサギ)のためにタンポポは刈らないでね」と言われていました。

 

 いざ草刈りをやっているとすっきりと草を刈ってしまう癖がついています。雑草の中で、それがタンポポか見分かどうか見分けがつきませんでした。多分春の時期では分かったと思います。夏の時期になると私にはさっぱりわかりませんでした。

 

 娘から「あれだけ言っていたのに、お父さんは信じられない」と言われてしまいました。と言って振り返ってみてもどの雑草がタンポポだったんだろうと今でも思います。きっと娘にタンポポの場所に連れてってもらい、これがタンポポだからねと言われれば分かったとは思います。

 

 人によって気にするところが違うようです。娘からすると大好きなウサギの好物のようですのでしっかりと見極めができると思いますが、私には無理な気がします。

 

 このあたりがデリカシーの差だろうと思います。私にはそれが全くないのです。しかし、草むしりを短い時間でやろうとすると、大胆に雑草を刈る気持ちがないと効率的にできません。この辺りは多くの仕事にも共通するかもしれません。

 

 小さなことに配慮するとどうしても仕事が遅くなります。今回のGO TOキャンペーンもデリカシーを欠いて思い切ってやれば、多くの方の反発を買うし、気にかけてやるとうまく前に進みません。困ったものです。

| srzw3ws | 11:17 | comments(0) | - | pookmark |
10万円支給の遅れ

 今日現在何%ぐらい特別定額給付金10万円の支給が終わっているのでしょうか。自分が支給されるとほっとし、全く関心がなかったのですが、昨日お隣の藤沢市にお住まいの方に聞いたらまだとのこと、えっと思いました。

 

 インターネットで調べると特定の区や市町村が今現在〇〇%等出してくれていますが、全国平均は分かりませんでした。ともかく100%ではないのです。今の政府の実力だと思います。一律10万円支給でもこんなていたらくです。

 

  GO TO トラベルキャンペーンにしても地方の温泉旅館やホテルが困窮しており、支援しないとどうしようもない状況に陥っているのはよくわかりますが、ほかにやりようがなかったのでしょうか。大阪の吉村知事が言ったようにまず近隣の県や地域に限って旅行する人への援助、そしてもっと広域に広げていく等の配慮です。

 

 また東京都と国が喧嘩をしているように国民に思われていることです。これは小池都知事も西村新型コロナ対策担当大臣もなぜかやり取りに大人としての余裕がなく、人間としての奥行を感じないせいかもしれません。相手への嫌味が透けて見えてしまう会見なのです。

 

 そんな子供の喧嘩に東京都民や国民が巻き込まれてしまっているなといった印象です。何をやってもうまくいかないのが日本の政治の現状なんだなと感じます。本物の胆力とリーダーシップを持った政治家がいないのです。

 

 残念だなと思います。そんな人が出てきてほしいと思います。10万円の支給さえもできない、日本人はビジネスパーソンが多くほとんど企業に所属しています。企業に依頼して社会保険を収めている企業にお願いして所属社員の10万円を振り込み、そして後から人数分を企業に振り込む等ができなかったのかなと思いますが、実際無理だったのでしょうか。ともかく企業の口座番号は年金事務所や税務署は分かっています。組織が違うとできないのでしょうか。

 

 ともかくテキパキと事務処理を行うために知恵を絞ってほしいなと思います。仕事を早く済ませる成果主義を公務員もとるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

| srzw3ws | 13:05 | comments(0) | - | pookmark |
軽減税率の矛盾

 昨年の10月から消費税が10%ととなり、お酒や外食を除く飲食料品は税率が8%に据え置かれました。会社を経営しているとこれがとてつもなく面倒くさいことに気づきました。現金出納帳をつけるとき*印(8%のもの)をつけておいてくださいと税理士に言われました。

 

 今日は決算の書類ができたということで税理士との打ち合わせがあったのです。以前いただいた指示通りにつけていたのですが、税区分も課税率8%を選択してくださいと今日言われました。ここを選択するとは言われてなかったのですが会計ソフト入力においては常識ですとのこと。片手間にやっていたのでそこまでは知りませんでした。

 

 さらに最後に言われたのは消費税が非常に複雑になり、作業が増えたので決算処理の料金を上げてくれとのことでした。説明を受けると確かに大変そうです。了解したのですが、後から考えるとちょっと腹が立ってきました。

 

 負担をなくすと言って飲食料品を8%に据え置いたのは結構ですが、その分税務処理が複雑化し税理士に払う料金が上がったのです。私のような会社では飲食料品についてとらえると2%の軽減以上に多くの額を税理士に払うことに気づきました。

 

 つまり軽減税率の導入のお陰で経費が増えてしまったのです。大きな企業では2%の減はメリットになるかもしれませんが、小企業にとっては、無駄な経費が増えるだけなことに気づきました。税理士も大変な仕事が増え、私のようなものから小言を言われて立つ瀬がないと思います。

 

 公務員の方々は公平性を考えながら、複雑な書類を多くし、世界から生産性が低いと馬鹿にされているのです。税務署の対応も決算書の書類をPDFに保管してあるものを税務調査の時はすべて紙ベースで印刷して用意しなければならないそうです。

 

 こんなことをしているから日本は遅れたままなのだなとつくづ思いました。公務員の方々仕事改革をしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

| srzw3ws | 12:07 | comments(0) | - | pookmark |
コロナ禍の旅行

 リゾート地のホテルや旅館は、世の中が健全な時に成り立っているんだなと痛感します。見えない敵であるコロナに対し不安を感じているとき遠くに行って観光する気になれません。でもじっとしていることにストレスを感じている人は行きたいのだろうなと思います。

 

 国が地方の観光業者を守るためにGoToキャンペーンを企画し宿泊代金の半額を助成するらしい。行ける人にとってはありがたい助成金だと思います。でも感染が拡大している東京都は外されるようです。

 

 確かに東京都の新規感染者数は人口比においても、特出しています。しかし、今までずっと明らかにしてこなかったというか我々が知らないだけなのかは分からないが検査数が何検体で陽性率何パーセントかは発表されていません。検査数が多いから陽性者も多いと言っている方もいるようです。

 

 ずっと大騒ぎしていてもPCR検査数はあまり増えていないようです。中国の武漢では一挙に900万人分の検査を行い、今は落ち着いています。日本は当初中国を見下していました。日本ではあんなことにはならない等言いながらクラスターが病院で発生したりといった恥ずかしい現状を露呈しました。

 

 確かに観光業は厳しい現状が続いています。でも命あっての生活です。こんなに厳しい状況なのに一挙に全国に広めることがいいのかなと思います。岩手県は見ものです一人も陽性者が出ていません。家族も帰ってくるなと言われ、その行動が話題になっていました。しかしGoToキャンペーンで他県の人に来るなとは言えないと思います。

 

 このキャンペーンによって無理やり仲間に入れてしまうことになるのでしょう。そしてもしも爆発的に広まった時はどうなるのでしょう。安倍総理は得意の責任を痛感しておりますと言うでしょうけれどもいつも言うだけです。

 

 皆さん謝る時に「責任を痛感しております。」と言えば済むと思ってしまうのではないかと心配しております。何も起こらないことを期待しております。

| srzw3ws | 13:38 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode